HRM JOURNAL

Just relax, take a look, and hope you enjoy !

HRM JOURNAL

BLOG: KAORI TSURO

日々の暮らし、ファッション、本、グルメ のことを綴る津呂香のブログ

 

寄り添いの人生

2018.12.10 Mon.

Blog, Tsuro

 

 

おはようございます。

この週末はお友達との忘年会に出かけたり

久しぶりにゆっくり過ごすことが出来ました。

 

仕事上、ファッション雑誌を定期購読していますが

今月は初めて?「婦人画報」を買ってみました。

 

 

 

天皇陛下と皇后陛下、寄り添いの一本道という

30ページ以上にも及ぶ大特集。

もちろんお二人のプロフィールなどは

昔からテレビなどで知ってはいましたが・・・

 

陛下が結婚10年目にできた待望の親王であり

3歳過ぎから親元を離れて孤独に耐えながら

未来の天皇になるために

教育を受け続けてきたこと。

 

民間からお輿入れし、

ご自身の教育哲学を通された美智子様の信念。

 

 

もう読んでいて涙がとまりませんでした。

 

陛下は「自身の家庭を持つまでは死ねない」と

美智子様におっしゃっていたそう。

そして皇后はその言葉を受け

何としても温かい家庭を

陛下と作りたかった、と。

 

思いやり、尊敬

一番人と人が接する時に大切なこと。

ついつい忘れて「私が」「私だけが」と

なってしまいます。

 

今回の記事を読んで

寄り添うことって人の心を

じーんと温かくさせる、感動させるものだと

改めて思いました。

 

 

 

何度も読んでいるページ。

 

「お点を付けるのは難しいけれど、

まあ、努力賞ということに」

 

 

「お点ではなく感謝状を」

 

 

事前に用意されていた言葉なのかもしれないけど

こんなにほっこりさせてもらえる言葉を

目にしたのは久しぶりです。

 

 

人と接する時につけるのは

点数でなく

「寄り添いの軌跡」を

 

 

 

これは永久保存版にします。

 

 

 

コメントを残す

 

PAGE TOP