HRM JOURNAL

Just relax, take a look, and hope you enjoy !

HRM JOURNAL

BLOG: KAORI TSURO

日々の暮らし、ファッション、本、グルメ のことを綴る津呂香のブログ

 

朝の日課

2018.08.14 Tue.

Blog, Tsuro

 

 

 

おはようございます。

 

昨日は朝8時半から私が通うピラティススタジオでの特別レッスンに参加してきました。

タイトルは「慈悲の瞑想」。

 

実は瞑想を朝3年ほどしています。

きっかけはここでも本、です。

マインドフルネスについての書籍を読み進めて興味をもちました。

 

そして子育てに煮詰まった自分、自分を好きになれない自分を

開放できる一つのツールとして始めてみました。

 

ただ、我流も我流で果たして瞑想と言えるのかな?と思うところがあり。

 

 

昨日のレッスンで教えていただいた「慈悲の瞑想」。

 

紙に書いているフレーズ

「私が幸せでありますように」

以下をただ読むだけです。

 

長さもあるので読み終わるまでには5分以上かかります。

 

私が幸せでありますように

私の親しい人々が幸せでありますように

生きとし生けるものが幸せでありますように

私が嫌いな人々が幸せでありますように

私を嫌いな人々が幸せでありますように

 

という風に主語が変わっていきます。

 

 

1時間のレッスンでその後家に帰り、夕方から打ち合わせで大阪へ出たのですが

電車に乗っている最中、打ち合わせの時の傾聴の様子、

いつもの自分となんか違う!と思いました。

 

「集中」出来ているというか

「難なくその場にいることができる」という感じ。

 

理由は分からないけど居心地が悪く感じる

だから話に集中できなかったりスマホをいじってしまったり

そんなことが昨日はなかったです。

 

一日自分を静観して、これは毎朝やってみようと思っています。

 

既に今朝は終えました。

 

ご興味ある方は「慈しみの瞑想」「慈悲の瞑想」でご検索ください。

 

 

自省の時間はいつ何時も必要だと感じています。

それが瞑想でなくてももちろんOKだと思うので。

好きな音楽を聴いて、とか

ただ目をつむって、とか。

 

「自分をご機嫌にできるTIPS」探してみてください。

 

もうあるよ、って方はぜひコメント欄にシェアしてくれたらうれしいです!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

 

PAGE TOP