HRM JOURNAL

Just relax, take a look, and hope you enjoy !

HRM JOURNAL

BLOG: YUKIKO OTAKE

心と感性を磨いてくれる素敵なものたちとの出会いを綴る大竹祐希子のブログ

 

グレートヴィンテージ

2017.12.05 Tue.

Blog, Otake

 

 

気温や日照、それに順応して 役目を終えていく 一枚一枚の葉の営み、

そういった 様々な要素が 絶妙に折り重なって 紅葉の美しさが醸し出されるという。

 

紅葉にワインのような 当たり年があるとしたら

今年の京都は まさにそうと思わずにいられない。

 

                                                                                                          栄摂院

あたかも 憧れのオーケストラが 一同に会したかのよう。

しかも 腕を磨いた小さな管弦楽団が 各所でミニコンサートを開いていて、

更に 夜奏会も開かれているから、どこに行こうか 迷ってしまう。



紅の色は 奥が深く、もみじだけでも 数種類、

そこに、ナナカマド、千両、南天などの 妖艶な朱赤は、

キャンドルの炎、漆や真紅の口紅を 思わせるものから、

往年の歌姫が コンサートで最後に着た真紅のドレスも 思い起こさせた。

 


一本の木から醸し出される色彩のグラデーションも見事。

黄色やオレンジ、針葉樹の緑が重なって、更に一層 紅色の鮮やかさを引き立てるのだ。


                                                                                                          二尊院

季節感を彷彿とさせる “秋” の色彩の 組み合わせにもきっと、

ファッションの源流に 繋がるところがある。そんなことまで 感じさせてくれるのは

宇宙から、自然から、たくさんのインスピレーションを 与えてもらっている証。

 


京都は目的地を決めなくても、ただ散策するだけで 四季折々の風情と趣が伝わって来るところ。

山並みが近いから、自然と共存していることを 間近に感じることが出来る。


                                                                                                       宇治 平等院


山門の上で 地元のボランティアガイドのおじさんが こんな話をしてくれた。

昔、子供の頃よく聞いた話。
比叡山と愛宕山が どちらが高いか ケンカになって、

比叡山が 愛宕山の頭を コツンと叩いた。             

それが たんこぶとなって、そのコブの分だけ愛宕山が高いんだよ!

観ると たしかに愛宕山の頂上には ポコンとした膨らみがある。

なんて可愛らしい ユニークなお話。
その素敵な おじさんの笑顔は、故郷を愛する気持ちと 誇りに満ちていた。
こんなさりげない 地元の方たちとのふれ合いが、新しい発見と 感動をもたらしてくれる。

 

                                                                                                          真如堂

山門に登って 美しい秋の色に しばし包まれていたら、なんだかボルドーワインに浸り酔いしれた気分に。

山並みに沈む夕陽はまるで、年代物のワインがグラスに注がれたときに映し出すエッジのようだ

 

この冬は 寒くなる予感がする。

 

 

                                                                                                         常寂光寺

 

 

コメントを残す

 

PAGE TOP