HRM JOURNAL

Just relax, take a look, and hope you enjoy !

HRM JOURNAL

BLOG: KAORI TSURO

日々の暮らし、ファッション、本、グルメ のことを綴る津呂香のブログ

 

原因と結果の法則

2017.11.01 Wed.

Blog, Tsuro

 

おはようございます!

 

カラっとした秋晴れのなか

11月がスタートしました。

 

今年も残すところあと2か月。

せわしなくなる季節です

そんな時こそ深呼吸

そんな時こそ

「無駄と思われるような、でも好きなこと」

にフォーカスしましょう

 

 

さて、

大好きな心理カウンセラーで性格リフォーム心理カウンセラーの

心屋仁之助さんが

「原因と結果の法則」について

beトレで話していたので、それについて書きたいと思います

 

 

beトレとは、月謝制の心屋さん主宰のセミナーです。

月1、東京と京都でおこなわれており

私も夏から登録しています

 

月1で京都、というと簡単なようなのですが

スタートが14時からなのがいつもネックでまだ一度しか行けておらず・・・

 

事前に欠席登録してくると、一か月後にDVDが送られてきます。

 

先日そのDVDを見ていたら

原因と結果の法則は無い!

と断言されていました。

 

 

「頑張ったから成功する」

「頑張ったから名声、地位が手に入る」

 

それは全部マボロシだと(笑)

 

だったら頑張るのはやめましょう、と。

 

最近出版される啓発本で圧倒的に多いのが

「好きなことをして成功する」

「頑張るのはやめて成功する」

というもの。

 

 

「勉強しないと立派な大人になれない」

「勉強しないと幸せになれない」

 

ここらあたりで

大人の皆さんは

違うよね~って思いますよね(笑)

 

でも子育てで

この言葉、

よーく使っていますよね(笑)

 

それほど私たちのDNAというか脳というか

そこには

「原因と結果の法則がある!」

というマボロシが刷り込まれているのです。

  

 

となると、

生きていく指針となるものは

 

「自分が心から幸せと感じること」

しかないのだと実感します。

 

 

 

 

さて、2018年をむかえるにあたり

皆さんはどんな結果を期待するでしょうか。

 

私は「今の自分に心から満足したい」と思っています。

 

ハッピーな11月をお過ごしください♡

 

 

 

 

 

 

4 comments on “原因と結果の法則

  • 原因と結果の法則はあるという考えもありますよね。
    啓発本の古典とも言えるジェームズ・アレンの「原因と結果の法則」という本もぜひお読みになってください。
    「好きなことをして成功する」「頑張らないで成功する」という啓発本が最近多く出版されているわけではなく、ご自身がそのような言葉や考えを意識的に選択されているのではないでしょうか。
    頑張れば報われることはたくさんあります。
    このような公の場で発信されるのであれば、ご自身が心地よい情報だけを集めた偏った意見を声高々に発信されるのでなく、広い視野や多様な価値観に触れた上でご自身のお考えを発信されたらと思います。

  • あお様
    コメントありがとうございます!心屋さんもジェームズ・アレンの本について触れていました。わたしも読んだことがあるのですが、あまり記憶に残っていないのは恐らく自分にはピンとこなかったからだと思います。
    あおさんは沢山本を読まれているのですね!ぜひお薦めの本を教えていただきたいです。
    小説はほぼ読まないですし、確かに偏っていると思います。お友達主催の「読まない読書会」に参加すると新たな発見があります。
    ご意見ありがとうございました!

  • 頑張れば報われる事も報われない事もある。でも好きな事ならば報われなくても自分はハッピーだし何か得るものがあるかもしれないし、少なくとも時間を返してと思わない。何もしないのではなく、好んでするからあとでこんなに頑張ったのに、こんなに犠牲にしたのに、と恨み言をいわないという事ですね。
    頑張らないとか好きな事、というと日本ではまだまだ楽してる、ずるしてる、怠惰と偏見を持たれあり罪悪感をもちがちですが、好きな事には夢中になり自然に努力しているのですよね!

  • ニコニコ様
    コメントありがとうございます!なるほどなるほど、確かに「頑張った」けど「報わらなかったとき」に自分を責めてしまうか
    「ま、好きなことで報われなかったからも一度やってみよー」とするかで大分変ってきますね。
    私自身も頑張っていることが美徳という考えがまだまだあり、知らずに子供や周りの人に押し付けているかもしれません。
    とても気づきがあります。ありがとうございます!

コメントを残す

 

PAGE TOP