HRM JOURNAL

Just relax, take a look, and hope you enjoy !

HRM JOURNAL

BLOG: KAORI TSURO

日々の暮らし、ファッション、本、グルメ のことを綴る津呂香のブログ

 

自立と自活と、利他的に生きることを教えてくれた人

2017.02.09 Thu.

Blog, Tsuro

 

こんばんは。

 

昨日は私にとって記念すべき、ファッションアドバイザーの初仕事でした。

 

私の場合、資格を持っているわけでもなく、メソッドに沿った内容なわけでもなく

「その人の今までのファッションとのかかわり方」についてヒアリングすることを重要視しています。

 

なのでクライアント様にずっとお話しいただくことになります。

 

今までのかかわり方から生まれた「先入観」と、自分の理想をはっきり視覚化して、

「きづいて」ほしいというのが目的です。

 

 

昨日のクライアント様は一度お目にかかったことがある知り合いの方で、本当に魅力的な方でした。

自分と向き合い、おしゃれをしたい、という気持ちに抗わない、そんな素直な方です。

 

 

Lazo_nの事務所でファッションアドバイスを。

とても喜んでくださり、何より私がとてもとても楽しかった!

 

子供たちが段々と一人でできることが多くなり、

私も自活したい、という気持ちが去年くらいから湧き上がってきました。

誰かに喜んでもらいたい、という気持ちだけなら、

もしかしたら仕事をする、という選択でなくてもよかったのかもしれません。

 

私は「自活」をしながら「利他的(人のため)」に生きたいと強く願っています。

 

その姿を見せてくれた最初の女性は、祖母でした。

 

私の母を含めた5人の子供を育てながら、新潟の市場で80歳になるまで花屋さんを営んでいました。

稼いだお金はほぼ子供のため、孫のために使い、

夜行バスに乗って、年に2度も新潟から東京に会いに来てくれていました。

 

自分にとても厳しく、女性としてのたしなみを諭されたこともありました。

 

そんな祖母から、女性でも自活し、自立し、そして利他的に生きることが

人間として何より大切で、何より幸せである、と学んだような気がします。

 

今朝95歳で逝った祖母に、心から感謝しています。

 

 

本当に優しい人でした。

 

 

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

 

PAGE TOP